クソホスを見破れ!!残念すぎる出張ホストの特徴とは?

これだけは注意!!残念な出張ホストの特徴とは?

せっかく勇気を出して出張ホストの予約を取ったのに、来たのがダメホスで全部台無し…。

そんなことを避けるためにも、お店選びや、男の子選びは慎重に!

この記事では、「お店はもう決まってる」という方に、ダメホスを見分ける方法を3つ紹介します。

ダメホスを見分けるポイント①|中途半端にチャラい男子は地雷率高し

現実世界でチャラい男がモテるのは事実だと思います。理由は簡単で、チャラい男性特有の行き当たりばったり感だとか、オラオラ系のしつこさによって、女の子が場の雰囲気にのまれたり、根負けするからですね。

夜の世界でも、王道はこのタイプの男子です。

とはいいつつも、営業の武器として「チャラさ」を選ぶ人が多いのはホストクラブだと私は思ってます。出張ホストは、まず客層が違いますからね。一対一の癒しを求める女性客が多いのが出張ホストですから、場の雰囲気と勢いが命の営業スタイルは、客層に合ってません。

にも関わらず、出張ホスト界隈でよくわからないチャラさを放っている人がいます。

こういう人は、どっちつかずの中途半端者の可能性が高いので、指名する前に注意が必要です。

プロのチャラさは計算された演出

本当はチャラくないのに、お仕事としてチャラさを醸し出している人は、プロとして有能な場合が多いです。そういう人は、何となく日記を見ていれば分かります。

ふざけた内容であっても、じつは前後の日記と関連性があったり、さり気なく話題のニュースを取り入れてる場合もあります。

また、少しシリアス目な日記を書いていたり、ボケに対するオチがあって、しかもちゃんと笑える日記を書けている子は、計算したチャラさをうまく演出できているホストくんです。

こういう子は、よくよく話してみると、勢いだけの話題だけでなく、自分をちゃんと客観視しているし、自分の意見をもった発言もできる場合が多いです。

逆に、日本語のおかしい文を書いていたり、敬語の使い方に問題があったり、日記も自分語りに終始して、更新頻度もまばらな子は、本当にただチャラいだけの何も考えてないダメホスの可能性が高いので、気を付けましょう。

ダメホスを見分けるポイント②|不幸自慢男子は、本当に不幸な子が来る

レアといえばレアですが、そこはかとなく悲観的な雰囲気が漂う切羽詰まった感のある出張ホストは、実際に指名すると本当にただ人生に切羽詰まってるだけの男子(オッサン)が来ます。

私は、バイトの苦労話を延々と語り続ける出張ホストを指名したことがあります。慣れて来た頃に興味本位で呼んだのですが、想像を超えるダメホスだったので、ある意味ウケました。

「早朝から、新聞配達が辛くてどーのこーの」で「じつは役者を目指しててどーのこーの」とずっと話してるんです。今どき、新聞配達やってる30近い男子にはじめて会いましたよ私は。

ホストを呼んだ筈なのに、私にはもう途中から世間を知らないただのバイトの中年オッサンにしか見えません。

最終的には「頑張るから、また指名してね」という良く分からない落とし所を持ってきてくれましたが、さすがにノーコメントとさせて頂きました。

将来性のない男子を見守っても、何の楽しみも得られません

ダメホスな彼でも一応ランキングには入っていたので、誰かが細々と指名してはいたのでしょう(他人のこと言えない)。

恵まれない出張ホストに施してあげたい、という女性はそんなに多くないと思いますが、もし道楽で男子の将来性を見守る楽しみを味わいたいにしても、相手がお粗末すぎると思います。

そもそも、出張ホストに人間性の高さとか学力の高さを求めるなら、いっそRPSに登録した方がはるかにコスパ高いですからね。まあ、人の好みは十人十色なのだと思います。

因みに、 バイトの彼はその後どうなったのかよく知りません。

ダメホスを見分けるポイント③|センスのなさが漂っている子

無いセンスは、どうしようもありません。

もし「カッコいい洋服を着こなす美男子」みたいな理想があるならば、日記や写真からどことなく野暮ったさの漂う男子に、淡い期待を抱くのは不毛な行為ですので、即刻やめましょう。

青カビの生えたカマンベールを「食べられるかも~」とずっとクンクンしてるのと一緒です。

ダサさはいろんなところからにじみ出るもの

日記を公開している出張ホストやレンタル彼氏なら、まず日記のクオリティをチェックしてみると良いです。

日記の着せ替え機能で、誰が得するのかよく分からない着せ替えテーマを選んでいる子は、それだけ適当か、センスが無いということです。背景の色を、文字の色と同色に指定している子も、かなり残念な脳を持っている可能性が高いです。

背景の色を、文字の色と同色に指定している子も、かなり残念な脳を持っている可能性が高いです。少なくとも、繊細な気配りとは無縁なタイプでしょう。

あと、アップしている写真から、普段の服装が分かることもありますね。

出張ホストにとって、日記は一番大事な営業道具です。それにアップするくらいなので、ちゃんと考えている子なら、写メだとしてもそれなりの服装で写ろうとする努力をするはずです。アングルまで、きちんと工夫を凝らしている子もいます。

かといって、女子が使う様な写真編集アプリを多用されるのも、見る側にとっては判断しづらいことになりかねません。でも、自分をすこしでも良く見せようとする努力と言う意味での性格判断にはなりますよね。

枠外|服を着ていないケース

ときどき、服装で判断しようにも、服すら着ていないレアケース、つまり、パンイチ姿で写メ撮影に臨む猛者がいます。

こういう人員を間違って指名することはないにしろ、お客としては目に入るだけで精神衛生上よくないわけです。

もし見かけたら、そんな事態を野放しにする店の運営方針を疑った方がいいかもしれませんね。

結論。注意力次第でダメホス誤爆率は減らせる!

さて、いかがでしたでしょうか。

ホスト側も限られた情報しか出せない中、お客があった事もないホストを選ぶのは難しいと思います。けれど、そういう過程を楽しむのも、この遊びの醍醐味なのかもしれません。

失敗してもどんよりせず、というか、絶対にいずれ失敗はするものなので、前向きな気持ちで、自分にあった理想の男の子を探し出しましょう。