「出張ホスト」とは?女性向け風俗の裏事情

「出張ホスト」とは?女性向け風俗の裏事情

女性向け風俗という遊びには何種類かあって、その内の一つが出張ホストです。

ホストクラブの「アフター(店外デート)」がサービスとして独立したのが、出張ホストの営業形態だと考えてほとんど間違いありません。

私も最初はよく分かってませんでしたが、ホストクラブと出張ホストは別物です。

違いはいろいろとありますけど、一番大きな違いとしては、「お店があるのがホストクラブ」で、「お店が無いのが出張ホスト」ということになりますかね。

ホストクラブの「アフター」とは?

ホストクラブでは女性客がお店に行って、ホストとお酒を飲みながら楽しむのが、サービスの中身です。

もちろん、人気ホストはたくさんの女性客が来るので、お店の中で、あっちの席、こっちの席、と行ったり来たりしなければなりません。

で、コアなお客さんにとっては、それがジェラシーの元になるんですね。

一方のホストの仕事は、このシステムをうまく利用して、女性客にたくさんお酒をおろさせ、売り上げを上げていくことになります。

ホストクラブのホストの売り上げは、女性客がどれだけたくさんお酒を注文してくれるかにかかっているわけですからね。

それで、たくさんお酒をおろしてくれた(=売り上げに貢献してくれた)お客さんに、お店が終わった後(アフター)で自分(ホスト)を独り占めできる時間を提供することがあります。

これが、いわゆるホストクラブのアフター(店外)というシステムです。

たとえば、「初回アフターしないんだ、ごめんね」とホストが言ったとしたら、「初回料金しか遣ってない君とは店の外では会えません。お店でもっと遣ってからまた誘ってね」という意味ということです。

雰囲気、何となく伝わりましたかね?

出張ホストの営業形態

さて、ホストクラブのアフターとは、そういうものです。

その「アフター」がサービスとして独立したのが出張ホストということになります。

ホストクラブのホストがアフターでお客さんと何をするかというと、ホストクラブじゃない飲み屋で朝まで飲んだり、ご飯を一緒に食べに行ったり、ラブホに行ったりするわけです。

ラブホに行く場合も、本番行為をするとは限りません。

「本番行為をほのめかして、実際にはキス止まり」なんてこともあれば、「自分好みのお客さんだったら即本番」ということもあるみたいですよ。

つまり、アフターの内容はホスト次第ということです。

まったく同じことが、出張ホストの営業内容にも言えると思います。

「デート専門」も建前。ホスト次第でラブホもあり得る

一例として、「バ」ではじまる某デート専門店を利用した時の私の経験談をお話します。

顔が整ってると評判の、ランキングにも入っている男の子を指名してみました。パネ写(パネル写真)は明るい茶髪でいかにも夜職っていう感じの子です。

それまで地味目の子を連続で指名して微妙な結果が続いたので、その時はちょっと冒険してみようと思ったのです

安全を考えると周りに顔がさすのがイヤだったので、居酒屋の個室席で待ち合わせることにしました。

時間より少し遅れて到着したのは、イケメンだけど写真よりもちょっと老けた感じのする男の子でした。まあ、年齢に関しては私も人の事は言えませんが…。

会話がアヤシイ方向に誘導される

会ってしばらく普通の会話をしているのですが、何の話をしようとしても、なぜかいつの間にか男女の下世話な話題に誘導されてしまう。

そして、ボディータッチがめっちゃ多い!

最後の方は、もう結構ストレートに胸をツンツンされながら、「溜まってるでしょ?ホテル行く?」みたいな感じになってきて、私の希望するカタチじゃないことがハッキリしたので、時間を切り上げてお会計を済ませ、颯爽と帰ってきました。

ちなみに、この時支払ったのは指名料、飲食代を合わせて約4万円でした。早めに切り上げたので、実際に一緒にいたのは3時間半ちょいです。

あの時、「うん、行く~♡」と言っていたら、どうなっていたのかは分かりませんが、結局何が言いたいかというと、出張ホストのサービス内容は、たとえお店がどう謳っていようが、「サービスの中味はホスト次第」という点で大差はないということです。

デート店と性感サービス店では、出張ホストの営業態度が違う(ことがある)

サービスの中味に大差がないなら、どのお店を選んでも一緒じゃん?と思うかもしれませんが、微妙な違いはあります。

それは、キャストの営業スタイルです。

別にどこに書いてある訳でもないし、単なる経験上の話ですが、デート店ほど密な営業連絡が来る。逆に、性感サービスを売りにしているお店は、こちらから連絡しない限り、向こうから連絡が来ることはあまりない、というのが、6年間女性用風俗店を利用し続けた私の感覚です。

「デート店」と「性感サービス店」のスタッフの違い

女の子の例に置き換えると、分かりやすいと思います。

これは以前、キャバクラや風俗店のスカウトをやってたよ、という出張ホストくんを何度か指名した時に、私が根掘り葉掘り聞きだした情報がソースになっています。

そのホストくんは、こんな質問をしてきました。

キャバクラの面接に行く子と、風俗の面接に行く子の違いは何かわかる?」というのです。

見た目に自信があるかどうかでしょ?と、私は単純に思いました。「余りにも容姿がダメな子がキャバクラで指名される筈ないじゃん」と思ったからです。

でも、ホストくんによれば、それは結局のところ風俗店でもそうだよ、ということでした。つまり、風俗店の中でも、ランクがあるのだそうです。

細くて若くて可愛い子はより稼げる高級風俗店での働き口が見つかるし、そうじゃない子は、それ相応のレベルに見合ったお店で我慢しなければならないらしい。つまり、顔に自信がないからと言って身体を売る風俗に行ったところで、自動的に稼げるわけではないと言うのです。

じゃあ一体、キャバクラに行く子と風俗に行く子の根本的な違いは何なのか?と言えば、答えは「女の子の性格」なんだそうです。

自分の体をまったく汚さない代わりに、お客さんにありとあらゆる営業トークで夢を見させ、指名を引っ張れるだけ引っ張るだけのマメな営業力があり、しかも、そういう営業が苦にならない子。こういう女の子が、キャバクラに向いているのだそうです。

逆に、思ってもないことを延々と言い続けるのが苦痛で、四六時中「おはようメール」や「お休みメール」を送り続けることに精神が付いて行かない。それよりも、その時だけ身体を使って、直接的にサービスする方が性に合ってる、という子は、風俗店勤務の方が向いているのだそうです。

まったく同じことが、出張ホストの営業スタイルや性格にも言える気がするなぁ、と私はこの話を聞いて思いました。

最終的には出張ホストに何を求めるか次第

「彼からの密な連絡でとことん甘い夢を見たい」という人は、デート専門店を探せば、そういう男の子が多いかもしれません。その分、実際の恋愛以上にドロドロした愛憎関係が待っているかもしれません。

逆に、「普段の連絡はいらないけど、会っているときは蔑ろにせず、しっかりとプロのサービスでお客さんとして扱ってほしい」ということであれば、性感サービスを売りにしている出張ホストのお店の方が、合っているかもしれません。その代わり、夢はその時間限りで、毎回サービスの終了と共にサバサバと現実に帰る実感を味わうことになるかもしれません。

何度か触れて来たように、サービスの内容は個人個人のホスト次第ですし、この選び方も目安でしかありません。

でも、6年間女性向け風俗店で遊んで来た私としては、「お店のカラーと男の子のタイプ」は間違いなくリンクしていると思います。

「お金を払って男の子に同伴してもらうサービス」というのが出張ホストの大まかな所ですが、内実は思った以上にバラエティー豊かです。

いい意味でも悪い意味でも奥の深い世界ですので、もし興味があるけど、どこからはじめていいか分からない、という場合は私の経験談やオススメも参考に、ぜひご自分にあったお店選びの参考にしてみてください。