【安全第一】出張ホストで絶対に注意すべき3つのこと

安全第一】出張ホストで絶対に注意すべき3つのこと

①出張ホストの利用が周囲にバレると社会的にヤバイことがいろいろある

男だけ夜遊びできてズルい。

寂しい思いをしている女性なら、誰だってちょっとは思ったことがあるはずです。「女が夜遊びして何が悪いのか。与謝野晶子を見てみなさいよ!」

ところが最近になって、テレビも割と寛容的な内容を放送する様になってきました。時代も変わるのかな〜なんて、私も最初は期待半分に観ていたものです。

でも、やっぱりテレビは所詮テレビなんです。現実はまだまだ変わりそうもありません。私の周りも猫を被ってるのか、本心なのかは分かりませんが、とてもじゃないけど、女性用風俗の話題なんて出せた雰囲気じゃないです。

そんなこともあり、みんな女性用風俗なり出張ホストで遊ぶときは、身バレしないように慎重になるんですね。

出張ホストや女性用風俗での「身バレ」は、2種類あります。

1つは、「ホストに対しての身バレ」。2つ目は「社会への身バレ」です。

ホストへの身バレは、実はそこまで怖くはない

出張ホストやホストクラブで遊んだ経験のない初心者は、ホストという生き物に対して必要以上に警戒します。

何でそう言えるかと言うと、私がまさにそうだったからです。

遊びたい一心で偽名を考え、年齢をごまかし、職業を隠し、住んでいる地域をぼかす。

今思えば、ある意味甲斐甲斐しさすら感じますが、結論から言うと、大抵のホストはこちらの名前が偽名だろうが本名だろうが、どこに住んでようが、何の仕事をしていようが、どうでもいいと思っています。

なぜなら、考えてもみましょう。毎週毎日の様に何人も相手にしているホストにとって、女の名前ほどどうでもいいことはありません。

むしろ、途中から「本名で呼んでほしい」と言っても、ホストの内心は覚え直すのが面倒だくらいのものなのです。彼らにとって一番大切なのは、 「次の指名に繋がるかどうか」という一点しかありません。

利用してみるとだんだん分かってくるのですが、私たち悲しい女性客は、最初の頃はいろいろとおめでたい見当違いをしてしまうものなのです。

「ちょっと待って!どうして自ら本名で呼んでほしいなんてことになるのよ!?」と、思われるかもしれません。

これも変な話の様で、じつは出張ホストなり女性用風俗店を2、3回でも利用しているうちに、だんだん気が付いてくることなのですが、相手(ホスト)を気に入れば気に入るほど、こっち(お客)はだんだん素の自分を受け入れてほしくなってくるのです。

理由は、その方が自分自身がサービスをより楽しめるから。

偽名で呼ばれるよりも、本名で呼ばれた方が、キュンと来るのです。そういうものなんです。

そういう意味では、気に入ったホストには、どうせいずれ自ら素性をバラしたくなる時がきます。一生懸命考えた偽名は一体何だったのか。それは私が一番知りたい。

もちろん、相手を選ばなければ、ホストへの身バレも十分に危険ですよ。なんと言っても注意するには越したことはありません。

でも、一番身バレしてヤバイのは、ホストなんかではないのです。

社会に身バレすることが一番ヤバイ

現実世界の知り合いや友人に、自分がそういう遊びをしていることがバレることの方が、余程恐ろしいのです。

どんなふうにヤバイのかは、人ぞれぞれ想像してもらえれば、だんだん分かってきます。

考えてみてください。

「女性用風俗ってのがあって、この前、出張ホストを頼んでみたんだー」

「あ、聞いたことあるー!どんな感じだったー!?」

友達相手ですら、こんな風になるでしょうか。私の場合は、たぶん100%なりません。ドン引かれて終了です。

鋼の心臓の持ち主なら気にならないかもしれませんが、少なくとも私は「あ、出歩けなくなるな」と確信しました。職場の誰かに知れたが最後、もう働けません。本当に怖いです。

まあ、逆にその怖さがある分、遊んでる時のドキドキが良いんですけどね…。

知り合いにバレずに夜遊びするための鉄則

「他人にバレたくない」のはみんな一緒なので、その為に方法は簡単なものから手の込んだものまで、沢山あります。

巧妙に変装して出歩く。普段行かない様な遠くの場所まで出向いて遊ぶ。それ用の携帯をもう一台持つ、など、みんな色々とやっているみたいです。

でも、一番確実で、一番簡単な方法は何かと言われれば、私は「公共施設では出張ホストと会わない」ということだと思います。

私も最初の頃こそ楽観的に考えて、出張ホストと屋外公共施設で待ち合わせたり、出歩いたりしていましたが、今考えればヤバすぎました。

だいたい、人間の脳は顔の認識に1秒もかからないそうです。こっちが知り合いに気付かれなくても、ホストは毎日いろんな人と会ってるわけですから、顔が売れてます。道でたまたま他のお客さんが気付いて、ホストの隣にいる女性の特徴をネットに書き込んで噂になるなんてことは、珍しくもありません。

そして、ネットに書き込むようなホストのお客さんは、ものすごく粘着質です。まあ人にもよりますが、中には精神が病んでいる人もいるし、ストーカー気質の人もいるし、基本的にみんなヒマです。時間の許す限り、醜い女の執着心を炸裂させてきます。

ツーショット写真を撮られて晒されるなんていう、最悪のシナリオも十分あり得ることを考えれば、渋谷、新宿、池袋あたりで無邪気にお茶デートなんて、アラフィフの私は途中からとてもじゃないけどできなくなりました。

とは言っても、いきなり見知らぬ他人と密室で会うのは怖い、ということもあります。

ですので、出会う前までのホストとのコミュニケーションとか、 そもそものお店の信頼度も併せて、慎重に判断していく必要があると思います。

②お店の「性病検査実施」はほぼ気休め

初心者や一般主婦のお客さんは、身バレよりも、こっちを心配する方の方が多そうですが、出張ホストをはじめとする女性用風俗店を利用するなら、もちろん性病のリスクもしっかりと考えなければなりません。

最近は、お客さんのそういう心配を逆手に取った「性病検査実施」を売りにする店舗も増えてきていますが、私は個人的にはまるで意味がないんじゃないかと思っています。

性病について少しでも調べると書いてありますが、性病感染からしばらくしないと、検査は陽性にならないのです。

たとえば、エイズは感染してから4週間~3か月間経過しないと、検査結果に陽性とはでません。梅毒も、結果に出るまで感染してから1か月~2か月とかかかります。

こういう検査が役に立つのは、たとえば「1か月前に一回だけ風俗を利用してしまった!」という様な人が、その一回以降は思い当たる行為がないこと前提で、現在感染してるかどうかを調べたい時などです。

1か月前に一回どころか、現在進行形で毎日の様に別の相手とベッドインしているホストが、月一の検査結果を見せてくれたところで、何の証明にもならないのでは、と私は思います。

そういう遊びである以上、こればかりはどうしようもない気がしますが、利用前に予防薬を服用するというのは、積極的な防衛手段として一つの手です。

性病の感染率は、当然100%ではありません。

免疫力が低ければ感染しやすいし、逆に、予防薬を飲んでいれば感染するリスクは下がります。

性病は様々な種類がありますが、広くカバーしている抗生物質の治療薬があり、そういう薬は予防薬としての効果もあるので、気になる方はそういう薬を買って飲みましょう。

あと、当たり前ですが、向こうから本番行為を持ち掛けてくるようなホストは、絶対に皆とやってるので、あらゆる意味で危険です。必ず断りましょう。

③出張ホスト と個人的な関係になればなるほど、金銭トラブルに陥る罠

出張ホストを男子がなぜやっているのかと言えば、それはもちろんお金の為です。

それ自体は、少なくとも私にとってはまったく問題ではありません。むしろ、良いサービスに出会えた時は、感謝のしるしに積極的に支払いたいと思ってます。

問題なのは、出張ホストなのか、単なるタカリなのか分からない感じの人が多すぎることです。

出張ホストや女性用風俗というサービスを利用してるとつくづく思うことですが、サービス内容は本当に人によってバラバラです。

アットコスメで美顔ローラーの評判を調べるのとはワケが違います。基準もなければ、信頼できるレビューもありません。

これは逆に言えば、ハマり込んで周りが見えなくなったら、ホストの言いなりに陥りやすいということです。まあ、こういう話は一般の男女関係でもありがちなことですけどね。ちなみに、こういうのが得意な男の人を世間はダメンズと呼びます(古い)

出張ホストでいえば、私が指名した中にも「口から生まれてきたのかな」と思うくらい胡散臭い大きな話をさりげなく、でも次から次へと機会あるごとにここぞと話したがる人がいました。

たとえば、「ビジネスをはじめたけど軌道に乗るまでお金がない」だとか、「後輩に慕われているけど、育成にお金がかかる」だとか、「何処そこの誰それに、認められている」だとか、そういう類の話です。

でも、ひとたび肝心のビジネス内容を突っ込んで質問しようものなら、大抵の場合こういう人は要領を得ない回答しか返してきません。

正直、今その子が何て言っていたのか思い出そうとしても、全く思い出せないくらいです。話が難しいから覚えて無いんじゃなく、話の内容が無さすぎて覚えようがないんです。たぶん、本人ですら話の全貌をよく理解していないんだと思います。

早い話、雰囲気と態度だけはすごく偉そうだけど、何を喋ってるのか全然理解できない風の人。一定数いると思うので、こういうホストには気を付けましょう。

「何だかよくわかんないけど、この人スゴそう」とか思いはじめると、気が付いたら簡単に50万円むしり取られてますよ。これは誇張でも何でもなく、色恋を売りにする夜の世界ってそういうもんです。たぶん、ホストクラブとかはもっとすごいと思います。

私自身も、目の覚めたお客さんが裁判起こすだの、相手のホストが誰だのの騒動がネットで盛り上がっているのを見かけたことがあります。この時は、確か100万とかそういう額だったと思います。

「かわいそうだな」とは思いましたけど、反面、醒めた意見としては、正直「人生の勉強代だよね」と思う部分も無きにしも非ず。

まあ現実世界でしっかりしている人ほど、 あまりに突飛な夜の世界の雰囲気に飲まれたが最後、 コロッと騙されてしまうみたいです。

基本を忘れずに、あくまでも自分が満足する為に、堅実に遊ぶようにしましょう。その為には、

「サービスにはちゃんと対価を支払う」「逆にサービス分以外には一銭も払わない」そして、「あぶく銭で色恋が実る事はあり得ない」

このことを、肝に銘じておきましょう。

夢は夢。現実は現実。財布は財布。ヒモはヒモ。

ちゃんと分けて遊べるのが、真のかっこ良い大人の遊び方です。

…などと、出張ホスト狂いで寝間着姿のアラフィフ女性が、ネット上でややエキサイト気味に発言した、ということです。

怖いですね。次のニュースに移ります。